夢をみたあとで 管理人の軌跡日記です。

Mood in the sky  【おまけ編】

d0333752_17113283.jpg
タイトルのままですが今回の更新は、おまけ写真が多数・・・
他には、撮影日に感じた事などを語っていこうかな。
本篇には登場しなかったドール達が、ここぞとばかりに写されています。






d0333752_17145776.jpg

当日の降水確率は50%・・・
現地到着時は雨が上がってくれる気配は全くありませんでした(>_<)
滝への入り口前で、雨が弱まるのをひたすら待っていましたね。
d0333752_17190356.jpg

しかし、待っていてもつまらない!!行くしかない!そう・・・何のために来たのだ!!
変なテンションになりながら撮影開始!!

本篇でも触れましたが、当日は人間二人、ドール3人・・・
え?人間二人??
そうです、私に「カメラとはなんぞや」を説いてくれた方が御同行して頂く事ができました<m(__)m>
以下、「先輩」
まずは、琉妃さんを登場させた時の状態はと言うと・・・

先輩 「ん?お!?」( ゚д゚ )(゚A゚ )( ゚д゚)
まぁ・・・当然の反応でしょうね・・・
以前から伝えてはいたのですが、私はしっかりと見ていましたよ!その表情。
ただ、ドール野外撮影の際は、自分自身に変なスイッチが入ってしまいますので、とにかく撮りまくっていましたが。でも雨が。
d0333752_17334145.jpg
d0333752_17335236.jpg
d0333752_17341092.jpg
d0333752_17341956.jpg

そこで思いついたのが。
「薙ぎ払え!!」のポーズ!
野外撮影を始めた頃から、常に晴れ女(晴れドール?)ですから、今回もきっと雨は上がってくれる。
d0333752_17365516.jpg
d0333752_17371503.jpg
d0333752_17373040.jpg

この撮影場所へ着いた頃には、まさかの晴天になっていましたね。撮影開始から30分を過ぎたあたりからだったと思います。
しかし、雨上りの怖い所は、急激な気温の上昇による、蒸発した水分が湿気となって、レンズに襲って来る事ですね。
私のカメラは、防湿、防塵なのですが、撮影対象によってはレンズ交換をします、その際に、本当に大丈夫なのだろうか?
と考えながらレンズ交換をしていました。天候により目まぐるしく変わる景色、流れる雲、煌めく森、光る清流。
眼で見て驚き、自然に感動し、カメラに収める。
簡単な事のように思いますが、目の前で、木々に着いた水滴が光り、岩肌が意思を持ったように影を揺らし、清流が荒い呼吸を奏でる。
正直な事を言うと、カメラの存在を忘れて見とれてしまう「自然」がそこにありました。
d0333752_17544274.jpg
d0333752_17545446.jpg

はしゃぐ姿って楽しそうでいいですよね!河原での撮影では、空気も乾燥してきて、「先輩」は岩の上で自然を満喫しておりました。
私は以前、他の掲示板にて、6月の撮影テーマ「恋」を目標と伝えていまして、それが今回のラストチャンスと狙っていました。
それが以下の写真となります。
d0333752_18002971.jpg
d0333752_18004227.jpg

「自然へ贈る恋」
毎回、素晴らしい自然を見せてくれる相手への「恋心」を表現してみました。
♡が自然へ優しく溶け込んで、吸い込まれる感じが良いな!と。
河原での撮影に満足して、振り返った瞬間に出会えて、もう気が狂ったかのように連射していました。
雲は6秒ほどで空へ溶けていってしまいましたが、このカットだけで20枚を撮影。
途中、むぎわら帽子が風で飛んでいくハプニングはありましたが、それも良い構図になってました。
d0333752_18081969.jpg

「苗木城」へ移ってからは、かなりgdgdな感じで撮影・・・
付知峡の感動と驚きが凄すぎて、お互いにあれは凄かったよね!!
なんて会話がしばらく続いた程。
d0333752_18130358.jpg
d0333752_18131961.jpg

もっと色々な場所へ行きたいな!!

d0333752_18155632.jpg


そろそろ7月の撮影テーマを考えなくは・・・


[PR]
トラックバックURL : http://outsido.exblog.jp/tb/23249205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by lyceealesa | 2016-06-25 18:29 | ドール | Trackback | Comments(0)